イギリスごはん。

ロンドン在住者がイギリスのごはんについて綴るブログ。



【バース】イギリスで食べたパンの中で一番美味しい!Bath でランチをするなら 絶対 Sally Lunn’s !

 

 

皆さんこんにちは。イギリスごはんのhinaです☺

 

以前はブリストルという街に住んでいましたが、今はロンドンに来て約一年になります。イギリスで生活する中で訪れたお店の情報と感想、おすすめポイントをこのブログではご紹介しています。

 

本日はイギリス西部の街、 Bath (バース) の 歴史あるレストラン、Sally Lunn’s Historic Eating House & Museum(サリー ランズ ヒストリック イーティングハウス & ミュージアム )のご紹介です。

 

バースを訪れた際には必ず!!絶対!!立ち寄って欲しいお店です☺

 

 

イギリスの人気観光都市 Bath 

 

Bath(バース)はイギリスを訪れるのなら、ぜひ足を運んでいただきたい街の一つです。

 

ロンドンからもストーンヘンジ観光とセットになったバスツアーが沢山出ているので、意外と簡単に行くことが出来ると思います。私も初めて Bath へ行ったのは、ロンドンを旅行で訪れ、バスツアーに参加した時でした。

 

その後ブリストルに住んでいた期間に、何度か Bath へ遊びに行きました。街並みが本当に綺麗で、私は特に Pulteney Bridge (パルトニー橋)の周りをお散歩するのが好きでした。

 

f:id:hinauklog:20190218030547j:plain

 

古代ローマ時代のお風呂、Roman Baths(ローマン バス)もとっても有名。オーディオガイドは日本語も対応していますし、お風呂はもちろん、展示物全て見ごたえがあるので、こちらもぜひ時間をとって入場されることをお勧めします。

 

f:id:hinauklog:20190218031518j:plain

f:id:hinauklog:20190218030520j:plain

 

Bath のクリスマスマーケットは、イギリス一綺麗!という噂もあります☺

 

f:id:hinauklog:20190218030555j:plain

 

さて、このように魅力溢れる街 Bath でお食事をするなら、ぜひ訪れて欲しいのが  Sally Lunn’s です。Bath の中で最も古い建物の一つと言われている歴史あるお店で、パンがとっても有名です。

 

私も初めて来たときはパンだけ買って帰ったのですが、その後また訪れた際にお店でこのパン(サリーランズ・バン)をいただき、それがもう本当に美味しかったので、今回こちらの記事にまとめることにしました。

 

f:id:hinauklog:20190217014044j:plain

 

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、こちらでいただいたパンの写真を、この「イギリスごはん。」のTOP画像に使用しています。それくらい、美味しかった!ということです☺

 

Sally Lunn’s をお勧めする理由

 

ではいつものようにこちらの Sally Lunn’s をお勧めする理由を挙げていきたいと思います☺

 

1、有名で美味しいサリーランズ・バンのメニューが楽しめる
2、小さなミュージアムはお食事をしなくても無料で見学できる
3、持って帰ることができるお土産も買える

 

まずはなんといっても、このパン(サリーランズ・バン)の美味しさです!

 

店内で食べるパンは美味しさ倍増なので、ぜひ店内でこのパンを楽しんでいただきたいなと思います。

 

メニューは甘いものから私が注文したようなご飯系まで、色々な種類が揃っています。

 

甘いものでしたら、

Jam, Cinnamon Butter, Amazing Lemon Curd (ジャム、シナモンバター、レモンカード)等から選べますが、私のおすすめは Amazing Lemon Curd (アメイジング レモン カード)です。その名の通り、まさにアメイジング!な美味しさです。

 

このレモンカードはお土産として買って帰ることもできます。(私は買って帰りました笑)本当に美味しいのでおすすめです。

 

ごはん系でしたら、

私が注文した Smoked Salmon (スモークサーモン)や、Sally Lunn`s ‘Open club’(鶏むね肉、ベーコン、レタス、トマト!美味しそうです)、Salt Beef (塩漬けのビーフとハニーマスタード)等があります。

 

ちょっとお値段は上がりますが、トレンチャーもおすすめ。

その昔、お皿が発明される前はトレンチャーと呼ばれるパンをお皿代わりにして食事をしていたそうです。その時には、このおかずの味がしみたパンも、おかずと一緒に食べられていたとのこと。美味しい味がしみ込んだパン…!そりゃあ一緒に食べますよね☺

 

トレンチャーでは、Chicken & Ham hock Trencher(チキンとハムのトレンチャー Made to a 17th century recipeだそう!)、Steak & Mushroom Trencher(ステーキときのこのトレンチャー グレービーソースがかかっています)等のメニューがあります。

 

f:id:hinauklog:20181125085643j:plain

 

お好きな紅茶と一緒に、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。 

 

さて、 Sally Lunn’s には小さなミュージアムも併設されています。

 

f:id:hinauklog:20190216075609j:plain

 

お店の前にも看板がでています。

 

ミュージアムは入り口を入って地下になりますので、階段を降りていきます。レストランでのお食事をしなくても、このミュージアムは無料で見学することができます。

 

その昔、フランスからやって来た女の子がこのパンを焼き始めたと言われているのですが、その当時の様子が再現されています。

 

f:id:hinauklog:20190216075820j:plain

 

(ぶれてしまっててすみません。)

 

f:id:hinauklog:20190216075837j:plain

 

ミュージアムと言ってもこういった展示が少しあるだけなのですが、良かったら見てみて下さいね☺

 

そしてこのミュージアムがある地下に、お土産を買えるコーナーがあります。

 

店内が込み合っていてどうしてもお店で食事ができない場合は、このお土産コーナーでサリーランズ・バンや、ジャムを買って帰ることもできます。

 

f:id:hinauklog:20190216075833j:plain



サリーランズ・バンはこんな感じで箱に入って売っています。

 

私が2016年に初めて訪れた時はもっとシンプルな無地の箱だったんですが、2017年に再訪した時に見てみると、こんな感じでパッケージが可愛くなっていました!

お家に持ち帰って温めて食べても絶対美味しいですし、有名なパンなのでお土産にも最適だと思います☺

 

 

まとめとレストラン情報

 

というわけで、本日はBath で美味しいパンが楽しめる Sally Lunn’s Historic Eating House & Museum(サリー ランズ ヒストリック イーティングハウス & ミュージアム )をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

 

本当に、私がイギリスで食べたパンの中で一番美味しかったパンです。ミュージアムやお土産屋さんも併設されているので、店内で食べる時間がない方もぜひ立ち寄ってっみてくださいね。

 

私もこの記事を書いていて、また行きたくなってきてしまいました☺

 

Sally Lunn’s Historic Eating House & Museum

Address: 4 North Parade Passage, Bath BA1 1NX

Tel: 01225 461634

URL: http://www.sallylunns.co.uk/

 

 

Tip ★ 来店時に使える英語フレーズ  Can I see the museum?
 (ミュージアムを見てもいいですか?)
 We would like to see the museum downstairs.
(下の階のミュージアムを見たいです。)
 A table for 2 is available?
(二人なんですがテーブルあいてますか?)
お店に入った時店員さんがいると話しかけられると思いますので、目的に応じて使ってみて下さい☺

 

 

こちらの記事が、あなたの旅とお食事のお役に立てたなら幸いです。

 

ブログランキングに参加しています。

「役に立ったよ!」「美味しそう!」と、思っていただけましたら、

ぜひぽちっとご協力をよろしくお願いいたします☺

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログへ

 

ロンドンのおすすめレストラン情報は今後もUPしていきますのでお見逃しなく☆

 

それではここまでお付き合いいただき有難うございました。

 

また次の記事でお会いしましょう☺