イギリスごはん。

イギリスとごはんが大好きなブログ。

ケンブリッジでのランチに!Doppleganger Burger (ドッペルゲンガー バーガー)は全てのメニューがヴィーガンでした!【ケンブリッジ】【Vegan】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

皆さんこんにちは。イギリスごはんのhinaです☺

 

このブログではYMSでロンドンに滞在しておりました私hinaが、ロンドンで生活する中で食べたご飯の情報と感想、おすすめポイント等をご紹介しています。

 

本日はLondonから電車で約一時間の街、 Cambridge(ケンブリッジ)にあるAll Vegan のお店、 Doppleganger Burger (ドッペルゲンガー バーガー)のご紹介です。

 

インターネットで見つけた Vegan Burger のお店。ずっと気になっていたのですが、今回ケンブリッジを観光した際、ついに行くことが出来ました☺ 

 

Vegan って何?という方は、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

 

www.ukgohan.work

 

今回は Doppleganger Burger (ドッペルゲンガー バーガー)について、駅からのアクセスやタッチパネルでのオーダーの仕方、実際に食べたメニューまでご紹介していきます☺

  

 

ケンブリッジ駅からお店までのアクセス

 

ケンブリッジ駅からお店がある街の中心地までは徒歩15分程で行くことができます。

 

f:id:hinauklog:20191018001914p:plain

 

London Kings Cross から national rail に乗り、Cambridge に到着。

2019年8月の off peak ticket ( 26-30 Rail card 適用)で往復£17.30 でした。

 

f:id:hinauklog:20191024155125j:plain

 

駅を出てから、目の前の大通りをまっすぐ進んでいきます。

 

f:id:hinauklog:20191024155711j:plain

 

しばらく進むとstatueが見えるので、そこで右に曲がります。

因みに奥の木が茂っている場所はケンブリッジ ボタニカルガーデンです。

 

f:id:hinauklog:20191024155728j:plain

 

曲がってからもひたすら真っすぐ進んでいきます。

 

f:id:hinauklog:20191024155924j:plain

 

途中、左手に教会を通り過ぎると……

 

f:id:hinauklog:20191024160019j:plain

 

右手に今回ご紹介するお店、Doppleganger Burger (ドッペルゲンガー バーガー)が姿を現します。

 

f:id:hinauklog:20190815025321j:plain

 

オープンは午前11時。

11時丁度に到着した私はこの日のお客さん第一号でした。

 

では早速お店の中の様子を見ていきましょう♪

 

 

入店&タッチパネルでのオーダーの仕方

 

お店に入店すると、店員さんが気持ちの良い挨拶をしてくれました。

 

お店の中はモダンで可愛らしい雰囲気です。

 

f:id:hinauklog:20190815025311j:plain

 

オーダーは、お店入ってすぐのタッチパネルで行います。

 

店員さんが「今日は初めて?注文と支払いはこのタッチパネルでして、好きな席に座ってね」と、簡単にタッチパネルの使い方を教えてくれました。

 

さっそくタッチパネルを操作して、何を注文するか考えます。 

 

f:id:hinauklog:20190815013944j:plain

 

なんて美味しそうなバーガー!

これがヴィーガンメニューだなんて、言われなければ気付くことができません。

 

お店のメニューは全てヴィーガンメニューです。

 

f:id:hinauklog:20191024164546p:plain

引用元:https://www.dopplegangerburger.co.uk/

 

色々迷った挙句、私は「Bbk」を注文することにしました。Korean BBQ ソースということで、辛いもの&BBQソース好きとして惹かれてしまいました☺

 

f:id:hinauklog:20190815013830j:plain

 

add to order をタッチすると、色々なオプションをつけることが出来ます。

 

ソース少なめが良い場合は not so saucy を、ポテトをつけたい場合は add fries を。

 

f:id:hinauklog:20190815013927j:plain

 

この時、下から二番目の項目である make it hot! を見た私は、hot = 温かい と理解。えーあったかい状態で食べるには£1プラスなの?と少し不服に思いながらも、イギリスなら有り得るか……と、チェックしてから支払いに進みました。

 

後でこれが間違いだったと気が付くのですが……(笑)

 

お支払いはカードです。

コンタクトレスのデビットカードでピッとお会計を済ましたら注文完了。

支払い前だったと思うのですが、自分の名前も入力する画面がありました。注文が出来上がった際に名前で確認されるためですね。スターバックスみたいです。

 

f:id:hinauklog:20190815014035j:plain

 

 というわけで無事注文を終えた私は、店内のテーブル席に座り、ヴィーガンバーガーが出来上がるのをゆっくり待ちました。

 

ヴィーガンバーガーの登場!

 

 店内に座って待つこと十数分、注文したバーガーがやって来ました!

 

それがこちらです。

 

f:id:hinauklog:20190815025400j:plain

 

タッチパネルで見たままのボリューム!美味しそうです!

 

せっかくなのでコンブチャも一緒に注文していました。コンブチャはイギリスで本当によく見かけますが、植物性の発酵飲料です。しゅわしゅわ&ちょっぴりすっぱい味が個人的にはとても好きです。

 

こちらのコンブチャ、とってもとっても美味しかったので、ぜひバーガーと一緒にトライされることをお勧めします☺

 

f:id:hinauklog:20190815025408j:plain


 

それではさっそく、美味しそうなバーガーをいただいていきまーす!

 

とってもボリューミーなバーガーは不器用な私の手によって瞬く間に無残な姿になってしまいました(笑)

 

f:id:hinauklog:20191024162604j:plain

 

お肉ではないけどお肉にしか見えない植物性のパティは肉厚で、味も食感も本物のお肉に遜色ありません。

 

お野菜もたっぷりで満腹感もしっかりあります。

 

肝心のお味は……美味しい。美味しい、のですが……

 

ここで私は自分のした間違いに気が付きました。

 

なんだかちょっと、辛すぎやしないか……🔥

 

そうです、おそらく皆さますでにお気づきかと思いますが、注文時に選択した make it hot! は hot=温かいという意味ではなく、hot=辛い という意味だったのです。

 

さすがにイギリスでもバーガーは温かいのが基本だよ……私は辛さを追加してしまったんだよ……。

 

あ~~やってしまった。

 

この国で出てくるご飯の辛いは、その加減を知りません。

韓国料理のような辛うま~!ではなく、もうとにかくただただ辛いのです(笑)

 

幸いにも辛いものが好きだったのと、しゅわしゅわ美味しい爽やかなコンブチャも注文していたこともあって、無事最後まで美味しく完食することができたのですが、make it hot! を選択していなければもっともっと美味しかっただろうなぁ……と、少し後悔が残るごはんになってしまいました。

 

が、 ヴィーガンメニュー自体は本当にクオリティが高かったので、私のような間違いをしなければ大丈夫です!!

 

ぜひヴィーガンに興味のある方は試してみていただきたいお店でした。

 

まとめとレストラン情報

 

ということで、本日はヴィーガンバーガーが楽しめるDoppleganger Burger (ドッペルゲンガー バーガー)をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

 

一人や初めてでも気軽に利用できるお店です。ヴィーガンごはんに興味がある方は、ぜひ訪れてみてくださいね☺

 

Doppleganger Burger 

Address: Doppleganger, 59, Regent St, Cambridge CB2 1AB

Tel: 01223 665917

URL: https://www.dopplegangerburger.co.uk/

 

それでは今日はこの辺で。

こちらの記事が、あなたの旅とお食事のお役に立てたなら幸いです。

 

ブログランキングに参加しています。

「役に立ったよ!」「美味しそう!」と、思っていただけましたら、ぜひぽちっとご協力をよろしくお願いいたします☺

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログへ  

 

イギリスのおすすめレストラン情報は今後もUPしていきますのでお見逃しなく☆

 

それではここまでお付き合いいただき有難うございました。

 

また次の記事でお会いしましょう☺